最終結果 8位​​
個人賞  ベストリベロ賞  小林 佑太(心理/3回生)
     スパイク賞     伴 大輝(商/2回生)
新型コロナの影響で春季リーグ、西日本インカレが中止となり迎えた秋季リーグ。昨年のレギュラー3名の抜けた穴を新一回生含むメンバーでどう埋めあわせるかがポイントになりました。唯一の4回生選手である主将、本圖(心理4/洛南)、昨年新人賞の伴(商3/東福岡)、エース引田(商3/鳥取商)、守護神小林(心理3/洛南)の不動の4名に加え、セッターには新加入の甲斐(商1/大分南)、サイドには守備力の高い宮野(心理2/洛南)、爆発力のある宮坂(心理1/洛南)という布陣で臨みました。
途中出場でチームを救い続ける柴田(文情2/洛南)の大活躍もあり、初戦の天理大戦、2戦目の関学戦を連勝で飾ったものの、その後は惜しい試合を落とす展開が続きました。変則順位決定方式で開催された今大会、上位4校での決勝トーナメント進出をかけた大産大戦、京産大を惜しくフルセットで落とした結果、5-8位決定戦へ。初戦の立命館大戦を落として全日本インカレ出場権を逃すと、最終戦の関学戦も落とし、8位となりました。

結果は思い描いていた通りにならなかったものの、力の差は殆どなく、新加入のメンバーも大いに可能性を見せてくれました。また、実力者である小林と伴が、それぞれベストリベロ賞、スパイク賞に輝きました。来年以降の活躍に期待しています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          

10/3 

同志社   3 - 1   天理大                    

【1】    25-14                             
【2】    25-22
【3】    23-25

【4】    25-21

10/11

同志社   3 - 2  関学大    

【1】    25-20

【2】    27-25

【3】    21-25

【4】    22-25

【5】    18-16

10/24 

同志社   2 - 3  大産大         

【1】    25-17

【2】    19-25

【3】    28-26

【4】    24-26

【5】      7-15

10/25 

同志社   2 - 3  京産大      

【1】    23-25

【2】    25-22

【3】    25-19

【4】    22-25

【5】    12-15

10/31

同志社   3 - 0  関西大       

【1】    25-20

【2】    28-26

【3】    25-19

11/1 

同志社   1 - 3  立命大       

【1】    19-25

【2】    23-25

【3】    25-22

【4】    19-25

11/3 

同志社   1 - 3  関西学院大       

【1】    19-25

【2】    16-25

【3】    25-23

【4】    26-28
 

同志社大学​体育会バレーボール部